Siriusとは

シリウスの歴史

子犬のハスキーSIRIUS® dog training (シリウス・ドッグトレーニング)は、1982年に獣医師であり動物行動学者でもあるイアン・ダンバー博士によって開設された、子犬のためのトレーニングクラス(しつけ教室)です。

その当時ダンバー博士はアラスカン・マラミュートの子犬を飼っていましたが、6ヶ月未満の子犬を受け入れるトレーニングクラスは1つもありませんでした。しかしダンバー博士は6ヶ月までの成長過程に合わせたトレーニングを行なうことが、その後、犬が人と共に生活していくためにどれほど大切であるかを認識していたため、自分の子犬が参加できるトレーニングクラスを作ったのです。そして現在SIRIUS®のクラスは、アメリカ・カリフォルニア州北部において16教室で展開されています。

シリウスのスタイル

イアン・ダンバー博士SIRIUS®は、「家庭犬トレーニング」という新しい分野を作り上げました。それまでの犬のトレーニングクラスは、成犬にオビディエンス(服従)訓練を繰り返し教えるだけの内容だったのに対し、SIRIUS®は基本的なマナートレーニングだけでなく、咬みつきの抑制、社会化、気質トレーニング、そして一般的な初期の問題行動に対する簡単な解決策を教えることの重要性を強調しています。

SIRIUS®は、人にも犬にもやさしいトレーニング、そして家族全員が、簡単に楽しく、なおかつ効果的に行なえるトレーニング方法を採用しています。

SIRIUS®のトレーニング方法は、ダンバー博士のテレビ番組、書籍、ビデオ・DVD、セミナーにより世界各地に広まり、家庭犬、特に子犬のトレーニングの礎を築きました。今日、そのコンセプトは世界中のドッグトレーナーが参考にしています。

そして日本で・・・

そしてシリウス・ドッグトレーニングスクールは、ダンバー博士に師事した辻村愛ドッグトレーナーが、2006年に兵庫県尼崎市でスタートしました。クラスカリキュラム、トレーニング方法はSIRIUS®をベースにしています。しかし、単にアメリカのパピークラスをそのまま再現しているのではなく、犬のタイプ・飼い主様のライフスタイルに合わせて内容は常に変化しています。ダンバー博士は「パピートレーニングとはとてもクリエイティブな作業であり、世界に2つとして同じパピークラスは存在しない」と言います。人と犬との関係がより良くなるように、トレーナーは常にトレーニングを進化させるよう努力しています。

シリウスドッグトレーニングスクールの様子
シリウスドッグトレーニングスクールの様子