ドッグラン

皆さんは愛犬を連れて『ドッグラン』に行ったことはありますか?

飼い主さんに『うちの子、ドッグランに行ってもいいですか?』と聞かれる事があります。

どのような施設に行く予定かによって、愛犬が楽しめるかどうか変わってくるでしょう。

ドッグラン

ドッグランは、リードを外して自由にさせてあげられる場所

高速のサービスエリアにある野外の小さなドッグランもあれば、広大な土地がドッグランという所もあったり、ペットショップの中にある室内のドッグランがあったり、有料だったり無料だったりと様々です。

トレーナーとしての『ドッグラン』は、リードを外して犬を自由にさせてあげられる事が一番のメリットです。ドッグランや私有地以外は、絶対に犬にリードを付けていなければいけません。

私の愛犬も、走ることや自由に匂いを嗅いで回る事が大好きで、ドッグランに連れて行く事があります。

しかし、他の犬をビックリさせてしまったり、飼い主(私)の号令が聞こえないくらい興奮してしまう事もあり、迷惑をかけてしまう可能性があるので、他の犬や人がいない時にしか中には入りません。誰かが中に入ってきたらリードを付ける事もあります。

リードは愛犬の命綱

リードを付けた散歩であっても、『散歩中に誰もいなかったので愛犬のリードを外して自由にさせていたら、たまたま通った通行人に怪我をさせてしまった』とか、『いつもそこではリードを外して散歩していて、その時に限って何かが気になり道路に出て車と事故を起こし愛犬が亡くなってしまった』とか、『愛犬はリードを付けていつも通り散歩していたら、リードを付けていない他の犬に襲われた』とか、悲しい話を耳にする事もあります。

犬達は全く悪くありません。リードを外している飼い主の責任です。

散歩中、リードは愛犬にとって『命綱(いのちづな)』です。親が幼い子供と歩く時に手を繋ぐ状態と全く同じです。

ドッグランはリードを外して自由にさせてあげられる唯一の場所なので、運動不足解消や他の犬との触れ合いや飼い主同士の情報交換のためにも、有効に有意義に利用したら良いとは思いますが、飼い主の責任から自由になるわけではありません。

ドッグランに行くわんちゃんは、呼び戻し(おいで)が出来るかどうか、他の飼い主や他の犬に迷惑をかけないかどうか、飼い主(自分)もドッグランの規約を理解ししっかり守り、リードで繋がっていなくても愛犬の命を守ってあげられる状態かどうか。

これらが、ドッグランに行く時の心構えではないかと思います。

 

(堀井)