2014K9ゲーム西日本大会ー出場された皆様の声ー

5月31日に、神戸サンボーホールにて、K9ゲーム西日本大会にシリウスから12ペアの飼い主さんと犬たちが出場しました。今年は、出場された飼い主さんに感想文を書いていただきましたので!!ご紹介します☆K9ゲームの楽しさがより伝わるのでは!?と思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

☆井上 もも☆

井上ももシリウスのブログをご覧の皆様こんにちは、私は4歳の雌の柴犬(モモ)と共に、今年のK9ゲームに参加させて頂いた67歳のお爺ちゃんです。
K9ゲームの参加者は男性が大変少ない、お爺ちゃんはもっと少ない、柴犬はほとんどいない。思っただけで恥ずかしいコンビですが、今年で3年連続参加させて頂きました。
ミュージカルチェア、一年目は予選一回戦で敗退、二年目は予選二回戦で敗退でも今年は決勝戦まで残りました(嬉)。
トイ・レトリーブ、5匹中3匹が記録なしで見事?2位入賞(苦笑)。
ドギー・ダッシュは会場内を大暴走で失格(恥)。
最後に個人総合二位をもらう大番狂わせ(涙)。
色々と活躍?してくれましたが、年々犬の成長を見る事が出来、大変楽しい一日でした。

せっかくワンちゃんと暮らしておられるのですから、一年に一度ワンちゃんとの楽しい思い出を作ってみてはいかがですか?成績が良くても、悪くても、楽しい思い出になるのは確実です。一緒に緊張して、一緒に恥をかきましょう。

☆釜渕 バトー☆

釜渕バトー今回、私達はチームオリオンの一員として参加しました。
K9ゲームの大会に初めて参加した感想は、「すっかりはまってしまった」の一言につきます(笑)
バトーはトレーニングが大好きで今までも色んな事にトライしてきましたが、
K9ゲームは犬と飼い主双方にとって、楽しい要素や仕掛けがいっぱい詰まったトレーニングだと思います。
特に5ペア1チームで大会に出場するというのは最初どんな感じか想像もつかなかったのですが、練習過程や大会当日には、随所でチーム戦の楽しさを実感することができ、思い切って出場してよかったと本当に思いました。
バトーもK9ゲームをいつも本当に楽しんでいるので、これからも出来るだけ長く続けていきたいと思っています。

☆高橋 のあ☆

高橋のあ髙橋です
大会に参加し良かったです^o^
ためらいがありオタオタしました(≧∇≦)
のあはマイペースで迷惑かけてしまったらどうしよう(≧∇≦)
大丈夫かな(≧∇≦)
不安ばかりでした。
でもすごくメンバーの方々に恵まれ助けられました。 ありがとうございました。

☆角井 ルル・ギネス☆

IMG_3919今年はルルと主人の参加でしたので、ハラハラドキドキでしながらみていました。無事競技してくれて嬉しかったです。

目標は、昨年よりも良い成績!
目標以上の結果を出してくれたと思ってます。
他のワンちゃんも昨年より成長している姿にもびっくり。
マイペースなルルですが、今後も少しずつ成長できるよう、楽しみながら、続けて行きたいと思っております。

☆中島 ポッキー☆

中島ポッキー去年は初めて見学に行き、今年は初めて参加しました。
正直な感想は  「2年やってここまで。。。」 と言う気持ちと
「2年でここまでできるの!」  との両方でした。
教室で躾(トリック )しているだけとは違い、大会に参加することが決まると
(僅かな期待を持ちながら)より楽しく練習する事が出来た様な気がします。
飼い主もポッキーも。
参加出来てほんとうに良かったです。
もし来年も参加する事が出来れば会場から『ウォー 凄い』と言う歓声が
貰える様になりたいと思います。

☆永田 雛乃☆

永田雛乃2パピー・ジュニアクラスを終えて、初めてK9クラスに参加させてもらった時は、こんな難しい事が家の子に出来るのかな~?と思いました。
クラスには、小さな身体のチワワちゃんがいて、その子は自分の口では持つのが大変な大きなオモチャを咥えて飼い主さんのところに持ってくるトイ・レトリーブを楽しそうにしていました!
凄い☆
雛乃にも出来るかな?出来るようになりたい!とK9に熱中するきっかけにもなりました。
そこから、頑張って楽しくレッスンをしていくうち、雛乃は他の子より習得するのに時間は掛かりますが、一つ、また一つと出来る事が増えていきました。
自分の子と一緒に、同じ事が出来る感動をもらえました!

今年もK9大会に参加させてもらいましたが、チームの皆さんと同じ目標を持って、自分のワンコと楽しむ♪
大会までの練習会も大変ですが、成績は別として、大会が終わった後の達成感、感動はとってもいいものです!
これからも楽しみながら、雛乃もそして飼い主の私も成長出来たらなぁと思っています。

☆目良 ロモ☆

目良ロモシリウスには、パピークラスから通い始め、もうすぐ1年たちます。
ロモは、トリックを覚えるのは得意ですが、
「ついて」や「マテ」等、日常生活に必要なコマンドは苦手です。
K9ゲームでいうと、「ミュージカルチェア」にあたります。
椅子を奪い合うのは、飼い主の私も苦手・・・。ということもあり、
残念ながら予選敗退しましたが、それでもロモにとっては、K9大会に向けた練習で、「ついて」「マテ」がかなり上達したと思います。以前のロモだと、競技にすらならなかったはず。
また、ロモの得意種目の「ドギーダッシュ」では準優勝、
「リコールリレー」では優勝することができました!
今後は、トレーニング以外の時でも「ついて」「マテ」がしっかりできるようにレッスンを続けていきたいと思います。

☆森上 プッチ☆

森上プッチ社会化トレーニングの途中で病気が発覚し、手術→リハビリ、あまやかし(笑)ですっかり自由奔放なワンコに成長しました。
あまりたくさんの人に会う機会がなかったからか、決して人嫌いではないのに、人見知り。陽気な性格なのにもったいないなぁ、と思っていたところK9ゲーム西日本大会にジョーパップリレーで出場することになりました♪練習会ではチームメンバーさんたちにずいぶんかわいがっていただき、おかげで人見知りだったはずのプッチが気がつけばいつも他のメンバーさんのところにいるように(笑)K9ゲームに参加した一番の収穫でした。

大病をしたため、元気でいてくれたらなんでもいいという私のあまやかし精神がプッチにも伝わるのか、ワルツやミュージカルチェアではふらふら~っと私から離れてしまうのが最大の悩みでしたが、ショートリードをつけてなんとかクリアしました(@_@)
そして、なんと、ドギーダッシュでは優勝!!
プッチはやればできるコだと思うので(親バカ!)これからも楽しくトレーニングを続けていきたいと思います。

☆森上 コパン☆

森上コパン嫁さんがプッチを連れて出ると言うので、4人で楽しく出来ればいいな、ぐらいの気持ちでコパンのハンドラーとして参加する事にしましたが…。練習会での皆さんの真剣な眼差しに、自分はこんな軽い気持ちで参加していいのだろか、と自問。でもまぁ練習してるとコパンは楽しそうだし、プッチはウキウキしてるし、嫁さんとのコミュニケーションも増えるし、楽しくやれればいいかな、と。…嫁さんとのコミュニケーションの方向性を間違えて辛い時期もありましたが、動画を観て振り返ると何だか泣けてくるものですね。

チームメイトの皆さんも先生方も優しく居心地の悪さを感じることは全くなく、お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メンバーの皆様、お忙しい中、感想文をお送りいただき、ありがとうございました。

犬のトレーニングというのは、自分だけががんばればいい訳ではなく、性格も得意分野もそれぞれ違う犬たちに寄り添い、褒めておだてて(苦笑)、人と犬のお互いが成長していくという、なかなか特殊なことだと思っています。飼い主さん自身が競技者であり、コーチでもあるのです。

特にチーム戦に出場された方は、色々な場面でメンバーさん同士でお気遣いいただき、皆さんが気持ち良く参加できるように動いていただき、ありがとうございました。2010年から毎年、シリウスのチームを結成し、出場できていることを大変ありがたく思っています。大会終了後は少し燃え尽き感があると思いますが、またがんばりましょう♪

辻村

下の写真は、「イヌとワルツ」の最後の決めポーズです。

(上)チーム☆シリウス
(下)チーム☆オリオン

IMG_3913

 

 

IMG_3910